MENU

CLOSE

交通事故の入院費用は誰が払う?知っておきたい基本とは

交通事故の入院費用は誰が払う?知っておきたい基本とは

49views

カテゴリ:未分類

保険会社が立て替えるケースが多い

交通事故で怪我をした場合は、入院費用や手術費用などお金がかかります。しかし、問題は誰がお金を払うかです。被害者であってもお金を支払わなければならないのか、あるいは過失の割合に応じて一部負担になるのかなど、様々なことを考えてしまいがちです。

ポイントになるのが、交通事故後の対応によって相手に対する心持ちが大きく変わる点です。そのため、保険会社が間に入って入院費や治療費を立て替えてくれる場合が多く、その後の示談の状況に応じて一部負担を求められるなど条件が変わることが多いのです。

問題は、保険会社によっては連絡を行わないとすぐに対応してくれないことです。事故後の対応が示談金の相場に影響を与えることがわかっていても、連絡の遅れや担当者の都合などで相手がなかなか来てくれない場合もあります。

事故後すぐはどうしても被害者が感情的になりがちなため、冷静になるための時間を見計らう場合もあります。保険会社や担当者のノウハウによっても違いが出るため、全てのケースで同じ対応がとられるとは言いがたいのです。そのため、自分で保険会社に連絡をしなければならず、精神的な負担や事務的な負担が増えてしまう場合もあります。

入院費用や手術費はどうしてもまとまった額になるため、精神的にも負担になりがちです。おすすめなのが、弁護士に相談し、弁護士経由で連絡を入れてもらうことです。弁護士経由であれば感情的になる恐れも無く、必要な事項をもれなく伝えられます。

なれない手続きだとヒューマンエラーもおきやすいため、トラブルを避けるためにも考えたい点になっています。様々な条件を要求することで、その後の示談金交渉が有利になることもあります。

弁護士を雇っている状態であれば保険会社もうかつな行動ができなくなるため、釘をさすためにも早めに依頼をした方がいい場合があるのです。

入院期間の長さはトラブルになりがち

弁護士を雇った方がいいのは、入院して治療に専念できる期間が大きく変わることがあるためです。交通事故で入院した際は退院が可能なほど回復するか、症状固定という病院で治療を受けてもこれ以上は良くならないという状態になるまで続けられます。

症状固定は医師が判断するものですが、痛みが強いときなどは同意を拒否することで入院期間を延ばせる場合があるのです。保険会社は入院期間に応じて様々な保障を続けなければならないため、雰囲気や態度で医師に早めに症状固定を言い渡すように匂わせることがあります。

はっきりと口にしないのは、それを口にしてしまうと裁判がおきた際に不利になりかねないからです。痛みが強く、生活に不便を感じても自分の我慢が足りていないからと症状固定を受け入れてしまうと、その時点で入院費の負担などの保障が打ち切られてしまいます。

症状固定と診断された場合は家に戻るか、入院費用を自己負担で払いつつ療養を続けなければいけない可能性が出てくるのです。トラブルになりがちなポイントでもあるため、安易に同意をしないことが大切です。症状固定にはおおよその目安がありますが、当然個人差も出てきます。

弁護士に相談すればどの程度までは認められるかといった目途がつけやすく、安易な同意を避けることができます。その後の示談金である程度取り戻せたとしても、費用負担が増せばそれだけ辛さも増します。事前に知っておかないと損になってしまうことは非常に多いのです。

示談金の交渉や慰謝料の請求はある程度進むとやり直しがきかなくなるため、金額が少なくて苦しくなるよりも弁護士に相談して着実に手続きをするのがおすすめです。

弁護士に相談した方が相手の過失を重くできる可能性が高くなり、慰謝料の増額に期待できることも多くなります。少しでも工夫をして、相手にお金を出させるようにした方がよいのです。