MENU

CLOSE

交通事故示談交渉で無用なトラブルを避ける3つのポイント

交通事故示談交渉で無用なトラブルを避ける3つのポイント

54views

カテゴリ:未分類

トラブルを起こさず示談を成立させるには

弁護士に代理人を依頼する

トラブルを起こさずスムーズに交通事故示談交渉を成立させるためにもっとも重要なのが、弁護士に代理人を依頼することです。

交通事故示談は専門知識が要求される場面も多く、素人の直接交渉には不安がつきまといます。ただでさえ交通事故の被害にあって精神的なショックを受けているところに不慣れな交渉までやるとなれば、心のなかはストレスでいっぱいになってしまいます。

不安とストレスから逃れたいばかりに不本意な示談金額に同意してしまうケースも少なからずあり、十分な補償が得られないまま経済的負担を負わされる羽目になれば目も当てられません。そのような最悪な事態を避けるためにも、交通事故を専門に手がける弁護士に示談交渉の代理人を依頼しましょう。

弁護士は被害者の代理人として十分な示談金を加害者側に請求してくれます。トラブルになりやすい示談金額に関しても判例を元に相場通りの金額を要求しますから、不必要にもめる心配もいりません。

経験豊富な弁護士なら保険会社の担当者相手に一歩も引かず粘り強く交渉してくれるので、被害規模に見合った十分な示談金額を勝ち取ってくれるでしょう。

弁護士は示談交渉に関するあらゆる業務を代行してくれるので、示談交渉の負担を大幅に軽減できます。無用な時間と手間を掛けることもなくなるので、示談交渉に時間を取られて仕事がおろそかになる心配もありません。

医師の診察はきちんと受ける

交通事故示談ではケガや後遺障害の程度が示談金の額に大きく影響します。治療費や後遺障害の補償金を十分に得るために被害の程度を明らかにする必要があるため、事故にあったらすみやかに医師の診察を受けましょう。

痛みの程度が軽いからといって医師の診察を受けないでいると十分な治療費が請求できません。さらに、交通事故の場合は後遺障害が発生する確率が高く、最初のうちは何ともなくても後になってから症状が現れるケースも多く見られます。自己判断は避け、必ず医師の診察を受けてください。

後遺障害は示談交渉でもトラブルになりやすいので、きちんと通院治療を受けなくてはいけません。勝手に通院をやめたり自己判断で民間療法を使ったりすると後遺障害が正しく認定されず示談金額が減額される可能性があります。後遺障害の程度に応じてトラブルなく十分な補償をもらうためにも、医師の指示にはきちんと従ってください。

示談成立を焦らない

交通事故示談が成立するまでには平均で2〜3カ月程度かかります。双方の主張が食い違えば6カ月以上かかることもあり、長期化するケースは少なくありません。示談交渉がまとまらないと争いの場は法廷に移りますが、訴訟になると結論が出るまで1年以上の時間がかかります。

示談成立を焦ると加害者側代理人である保険会社につけ込まれてしまい、保険会社の主張する低い条件で同意せざるを得ない状況に追い込まれる恐れがあります。焦りは余計なトラブルの原因にもなります。示談交渉を始める前にある程度長期化することは覚悟し、焦ることなくじっくりと腰を据えて交渉に臨みましょう。

もしトラブルが発生してしまったら

交通事故示談交渉でもしトラブルが発生してしまっても慌ててはいけません。まずは落ち着いて状況を確認し、トラブルの原因を探りましょう。

交通事故示談におけるトラブルは感情的なものが原因であることがほとんどです。相手の真意を確かめながら話しあえば必ず解決の糸口は見つかりますから、相手の態度に合わせてこちらも感情的に振る舞うようなことは避けてください。

ただし、トラブル絡みで逆恨みによる暴力や違法行為が行われた場合はすみやかに警察に通報しましょう。余裕があれば弁護士に相談すべきですが、身体への危険が間近に迫っている場合は相談などと悠長なことはせずすぐに通報して構いません。