MENU

CLOSE

交渉相手は誰?意外と知られていない交通事故の事情

交渉相手は誰?意外と知られていない交通事故の事情

106views

カテゴリ:未分類

示談交渉の相手は誰になるの?

加害者は表に出てこない

交通事故の示談交渉を行う際には、加害者は被害者と面をあわせて議論をすることはほとんどありません。これは、自動車を購入する際にほとんどの人が保険に加入しているからです。

日本の自動車に関する保険は充実していて、自動車を購入する際に強制加入の義務がある自賠責保険と、そこからさらに安全性を高めるための民間の保険に加入するケースと二つがあります。一般的な自動車を購入する消費者は、加入義務のある自賠責保険だけではなく民間の保険会社にも加入しますので、加害者側は保険会社に任せて示談交渉の場に出てくることなどはないわけです。

一方で、被害者側が自身に過失がほとんど存在しない状態だと、被害者自身で示談に関する話し合いを進めていかなくてはならなくなります。保険会社が議論の場所に出てくるのは、自社に対して自動車による損害が生じたケースだけであるため、それ以外のケースに関しては被害者を守ったりはしてくれません。

そのため、被害者側に過失がなく、多くの慰謝料を相手から請求したいときには被害者自身で保険会社と対等に示談交渉ができるように様々な準備をしておかなくてはいけないのです。この違いは、示談交渉の際には必ず覚えておかなくてはいけません。

  • 交通事故の被害者…自身で弁護士などを雇って示談する。
  • 交通事故の加害者…加入した保険会社が出てきて示談する。

つまり、交通事故における被害者の交渉相手は、あくまでも自動車事故に関連する保険会社と言うことになります。

保険会社は交渉に強い

交通事故に関する示談交渉をする際には、被害者側は必ず弁護士に相談をして示談ができるように準備をしておかなくてはいけません。というのも、自動車に関連する保険会社が送ってくる人間は、交通事故に関する法律の専門家だからです。

保険会社の交通事故に関する場数は被害者側の比ではなく、普通に議論をしたとしても間違いなく保険会社側の有利な話し合いで話が終わってしまいます。実際に、保険会社が主導で行う示談金の相場は、弁護士が主導で行う示談金の相場と比較して2分の1から4分の1程度にまで下がってしまうことも数値として示されています。

何の準備もせずに勝てる相手ではないので、事前に弁護士と相談をして交渉に何が必要なのかを把握しておかなくてはいけません。

保険会社の強みと弱みを理解しよう

保険会社により大きな金銭を要求するためには、保険会社の強みと弱みを必ず知っておかなくてはいけません。日本の司法は、基本的に証拠主義と言う物的な証拠に依存した方法が主となっています。

例えば、刑事事件であってもいくらある人物が犯罪を行ったと言える状況が整っていたとしても、その人が犯人であるという物的な証拠がない限りは罪に問うことはできません。こうした証拠は一般的に状況証拠と呼ばれ、実は日本の司法の現場では相手を追い詰めるための蓋然性が低いと判断されます。

これは、そのまま民事に関する案件でも当てはまり、示談交渉などであっても被害者側が全く悪くないと証明することができる物的な証拠がない限りは、保険会社は絶対に引き下がりません。保険会社は終始強気な態度を示すことが多いのですが、これはこうした司法の基本的な事情を知っているからなのです。

特に、交通事故と言うのは物的な証拠を確保することが難しく、状況証拠に頼った話し合いしかできないことが多いです。はっきりとした物的証拠として確認できるのは、被害者自身が怪我を負ったこと、それによって後遺障害を背負うことになってしまったことなど、怪我の度合いに関する証拠がほとんどです。

ですから、確実に示談金の相場を引き上げるためにはこうした保険会社の責められたらマズいところをきちんと責めるための証拠を揃える必要があるでしょう。