MENU

CLOSE

時効になる前に!交通事故の示談交渉、起算日の算出方法は

時効になる前に!交通事故の示談交渉、起算日の算出方法は

71views

カテゴリ:未分類

示談を考えるときは時効に注意

示談交渉の進め方

交通事故は、加害者と被害者の双方にとって大変なことです。特に被害者は、重大な負傷をしてしまうことも多いため、さまざまな負担がかかります。不運にも交通事故の被害者になってしまったときは、加害者に対して慰謝料や治療費の請求をすることになるわけですが、適切な手続きを取るようにしないと無駄な時間を費やすことになります。

示談交渉を進めていく上で大切なことは、手続きの流れをきちんと理解することです。法律の知識を持たない素人の場合、自分で示談交渉を進めていくのは困難なので、法律事務所に相談する必要があります。法律事務所では、スムーズな示談交渉をするためのサポートをしています。

重くのしかかってくる時効

負傷してしまった被害者としては、きちんと傷を治してから示談交渉に入りたいと思うことがあります。しかし、なかなか傷が治らないときは注意しなければなりません。いつまでも加害者との交渉を行うことができるわけではないのです。一定の期間が過ぎると時効が成立してしまい、交渉が進められなくなってしまいます。

どの時点で時効が成立するのかについて、しっかりと考えておくことが大切です。法律を理解していないと、時効が成立する日、時効の起算日などが分かりません。法律事務所に相談して、時効についての説明を受けることが必要なのです。

また、説明を受けていたとしても、完全に理解することは意外と難しいものなので、弁護士のサポートを継続的に受けることが求められます。基本的には、加害者に示談金を請求する際の交渉は弁護士に任せるようにします。示談金を多く受け取りたいなら、弁護士に依頼することは不可欠です。

起算日の判断は非常に困難

必要になるのは民法の知識

時効の起算日は、民法で定められています。したがって、民法に関する知識を持っていないと時効についても理解することができません。交通事故などで損害賠償を請求する際の時効は、民法724条によって3年間とされています。3年間というと長いように思われますが、被害者として過ごす3年間は決して長くありません。

余裕があると思ってしまうと、示談金を受け取ることができずに終わる可能性もあるのです。交通事故に遭ってしまったら、速やかに弁護士のところに行き、アドバイスを受けるようにしなければなりません。

3年間の時効の起算日は、損害が発生したこと、そして加害者が誰なのかを被害者が知った時点です。つまり、交通事故が発生した段階で加害者のことが分かっていれば、その時点が起算日となり、3年間が経過した時点で損害賠償などの請求権を失ってしまいます。

起算日の判断は意外と困難

たとえば、交通事故を引き起こした加害者が逃げてしまった場合、なかなか加害者を特定することができません。このようなときは、時効の起算日も遅れます。しかし、どの時点が起算日になるのかを明確に決めるのは困難です。自分で安易に判断しようとすると、いつの間にか3年が経過してしまうことになりかねません。

交通事故の加害者が特定できていない場合でも、早めに弁護士に相談することは必要なのです。弁護士のところを訪れれば、どのように時効の起算日が決まるのかを教えてもらうことができます。また、加害者とのスムーズな交渉を被害者に代わって進めてくれます。

弁護士に相談しているか相談していないかで、受け取ることができる示談金の金額が大きく変わってしまうこともあるのです。最初から最後まで自分で手続きをやりたいと思う人もいますが、早めに弁護士を頼り、さまざまなサポートを受ける方が負担が小さくなって良いです。