MENU

CLOSE

いつ始まる?どう進む?知っておきたい交通事故示談の基本

いつ始まる?どう進む?知っておきたい交通事故示談の基本

152views

カテゴリ:未分類

交通事故の被害補償を話し合う交通事故示談

交通事故示談とは

交通事故示談とは、交通事故によって発生したケガや物損の補償について交渉する話し合いのことです。

示談とは発生したトラブルに関して法律とは別に当事者同士の話し合いによって解決を目指す行為を意味し、交通事故においては被害補償の話し合いが示談に該当します。示談はあくまでも民間の合意によって成立するものであり、裁判所など公的機関の仲介を必要としません。

示談は刑事罰とは別に行われる交渉なので、示談が成立しても加害者の裁判とは無関係です。示談の成立が情状酌量の材料となることはありますが、示談の成立で無罪になることはありません。

示談の合意によって確定する被害補償のために支払われる金銭が示談金です。示談金の額は回復にかかった治療費や物損の修理費用、後遺症の補償や心身の苦痛に対する慰謝料などによって決まります。

一度確定した示談に関しては基本的に撤回できません。詐欺行為などの悪質性や遅れての後遺障害発症など例外的なケースで再交渉が認められますが、合意してしまったらやり直すことはできないので不満があるなら絶対にサインしてはいけません。

示談交渉は本人もしくは代理人が行う

示談交渉を行うのは被害者もしくは加害者本人かその代理人です。

通常加害者が示談交渉を行うことはなく、加害者が加入している任意保険の担当者が代理人として交渉に出席します。被害者側は本人が直接交渉できますが、手慣れた保険会社の人間相手に交渉で勝つのは現実的ではありません。スムーズに進めるために被害者側が弁護士を代理人にたてるのが一般的です。

交通事故専門の弁護士に代理人を依頼すれば交渉作業や事務手続きなどすべての仕事を任せられます。弁護士は被害補償として十分な示談金を提示し交渉してくれるので、保険会社に有利な条件でまとめられる心配もありません。

示談交渉の基本的な流れ

示談への備えは事故直後から

交通事故示談は事故直後から始まっているといっても過言ではありません。実際の交渉が始まるのはもっと後になりますが、事故直後の対応が示談交渉を大きく左右する可能性は非常に高いので被害にあったら落ち着いて行動してください。

まずは相手の身元確認が必要です。相手が現場から逃げ出してひき逃げや当て逃げ事件になると解決まで時間がかかってしまいます。事故発生後救命措置や緊急避難が完了したら、相手の身元を確認しましょう。

警察への通報も忘れてはいけません。警察に通報しないと交通事故として処理されず、被害認定されない可能性があります。加害者が内々の処理やその場での示談を求めてきても応じてはいけません。

保険会社に連絡を

示談に大きく関わるのは加害者側の任意保険会社ですが、被害者側の任意保険も無関係ではありません。加害者が任意保険に未加入だったときに被害を補償してくれる「無保険車傷害保険」があれば、相手が保険未加入でも補償が受けられますし、車同士の事故であれば「搭乗者傷害保険」が適用されます。被害にあったらすみやかに加入している保険会社に連絡を入れましょう。

交渉前にケガの治療を

交通事故で負ったケガの治療は示談交渉開始前に行います。治療にかかった費用を確定させる必要があるので基本的に示談交渉はケガの治療が終わり完治するのを待って開始します。

長期の入院が必要な重症の場合や早期に示談金を受け取る必要がある場合はケガの完治を待たず示談交渉を先に開始することもあります。そのようなケースでは物損などケガの保障以外の下交渉を治療と平行して先に進め、治療費の確定を待って示談の合意を目指します。

示談交渉の開始と合意

示談交渉は事故による被害が確定してから始められます。物損のみのケースでは事故直後から示談交渉が始まり1カ月以内に成立することもありますが、治療に時間のかかる人身事故では示談交渉が事故から半年、1年先になることも珍しくありません。

示談交渉が遅れると事故の証拠や証言集めが難しくなります。必要な証拠や証言は交渉開始を待たず先に調査し確保しておかなくてはいけません。双方が合意書にサインすれば示談成立です。示談金の支払いをもって示談交渉は終了します。