MENU

CLOSE

重度なケガで示談金がアップ!後遺障害を理解しておこう

重度なケガで示談金がアップ!後遺障害を理解しておこう

84views

カテゴリ:未分類

交通事故でのケガには重大な意味がある

交通事故はケガの度合いが大きい

交通事故が他のトラブルと大きく異なるのは、事故によるケガの度合いが他のトラブルと比較してかなり大きい点にあります。

例えば、近隣住人同士のトラブルなどでは口喧嘩をしたり軽くたたいたりする程度の小さなトラブルに終わることが多いのですが、交通事故の場合には日常生活にも支障をきたすレベルでケガを負ってしまうこともあります。この場合、通常のケガと同じように考えて対処をすることはできませんので、交通事故で大きなケガをしてしまった際にはそのケガの程度も示談金の計算に入れて請求することになるのです。

こうした交通事故の被害者のケガの度合いのことを、一般的に等級と言います。等級は、1級から14級の階級に分かれていて、ケガの度合いが大きくなるほど等級も1級に近づいていくことを意味します。また、等級に関する考え方がそれぞれの保険会社によってかなり異なっている傾向にあります。

単純に大きなお金がほしいからと言って等級認定を受けようとしても、それを証明することができなれば意味がないのでその点も注意をしておかなくてはいけません。

認定してもらって初めて意味がある

等級は、申請の手続きを行って初めて意味があるものなので、病院で診断を受けたからと言って勝手に等級を語ることはできません。等級認定にケガの度合いを示す病院の診断書が必要になるのは確かなのですが、その診断書を含めた等級認定が必要な手続きをすることが大切になります。

等級認定を実際に受けると、示談金を支払う保険会社は一般的に示談金の相場にプラスして等級認定によって生じる賠償金を支払ってくれます。そして、こうした等級認定における考え方がそのまま示談金や慰謝料の相場としてもあてはめられていきます。

この等級認定における相場に関しては、保険会社が独自に計算をしているものと弁護士が試算できるものと二つがありますので、より高い示談金を被害者が求めるのならば弁護士に相談すると良いでしょう。

等級認定を受けている被害者とそうではない被害者では、請求できる賠償金額に大きな違いがあるので、交通事故によるケガの程度が大きいと感じた際には必ずそのための手続きを準備しておかなくてはいけません。

等級は後遺症の階級ではない

等級について勘違いをしている人も多いですが、基本的に等級は後遺症を示す階級ではありません。あくまでも、交通事故における後遺障害の階級を示すための基準であることを理解しておく必要があります。

例えば、日常生活の中で何らかのケガを負ってしまった時に後遺症が生じてしまったとしても、その程度に関しては千差万別です。単純に、一時的にケガの後遺症によって足が動かなくなってしまった際にもそうした表現は使いますし、重度な後遺症で治らないケースもあります。

交通事故の後遺障害の場合は、事故当時のケガの状況によって階級をつけることを意味しますので、後年に症状が悪化したり改善したりと言った事情は考慮されません。これは、後遺障害が交通事故と関連性のあるものであるということをその場で証明する必要があるからです。

仮に、事故以前に既に後遺症を負っていたような患者が交通事故でケガをした場合、本当にその事故によって等級認定を受けるほどのケガをしたかどうかはわかりませんよね。

こうした事態と区別をつける意味でも、後遺症と後遺障害は区別されているのです。交通事故のケガは、それまでの前後関係は関係なく、あくまでも交通事故だけによって生じた後遺障害という一つの症状である必要があるということをしっかりと理解しておきましょう。