MENU

CLOSE

交通事故示談で慰謝料の金額を算出する方法

交通事故示談で慰謝料の金額を算出する方法

76views

カテゴリ:未分類

交通事故の慰謝料を算出するときに重要となる3つの慰謝料

交通事故の交渉では、必ず示談金や慰謝料の話が出てきます。示談金と慰謝料は同じものだと解釈されていることもありますが、具体的には別物です。慰謝料や損害賠償を全てひっくるめて「示談金」と呼んでいます。正当な交通事故の慰謝料を算出するためには、3つの慰謝料を理解する必要があります。それは

  • 後遺障害慰謝料
  • 入通院慰謝料
  • 死亡慰謝料

の3つです。

それぞれの慰謝料の内容を紐解いてみたいと思います。

後遺障害慰謝料とは

後遺障害慰謝料とは、交通事故の被害者が、むちうちや神経症状のような後遺症が残ってしまったときに発生する慰謝料のことです。割と軽い症状の後遺症から、手足が動かなくなってしまう重度の後遺症まで含まれます。また、怪我の度合いだけではなく、後遺症が残ったことで抱えてしまう精神的苦痛も考慮されるのです。

入通院慰謝料

交通事故によって被害者が怪我を負ってしまった場合は、入院か通院をする必要があります。この時に、被害者が抱えた精神的苦痛や肉体的苦痛に対する慰謝料が入通院慰謝料です。入院や通院にかかった具体的な費用というよりかは、迷惑料に近い印象でしょうか。

死亡慰謝料

交通事故の被害者が死亡してしまった場合に支払われる慰謝料が死亡慰謝料です。交通事故被害者の社会的地位や家庭でのポジションを考慮して、遺族に支払われます。

交通事故の慰謝料の計算方法とは

慰謝料の種類を説明したところで、今度は慰謝料の計算方法を説明していきましょう。慰謝料の合計は、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料と死亡慰謝料の合計で導き出します。

自賠責基準と弁護士基準があることを知っておこう

計算例を挙げる前に、自賠責基準と弁護士基準を紹介しておきましょう。自賠責基準は、あらかじめ決められた計算方法で慰謝料を算出する方法。最低限の慰謝料しか出すことができません。それに対して、弁護士基準は、過去の交通事故の判例を参考に慰謝料を導き出します。弁護士の協力を得ているという意味でも、高額な慰謝料を請求することができるのです。

入通院慰謝料の計算

自賠責保険では、1日あたりの入院慰謝料は4,200円と決められています。これをもとに治療期間をプラスして計算するのです。自賠責保険による入通院慰謝料の計算は2つ存在しています。

  • 通院期間と入院期間をプラス
  • 実通院日数を2でかける

この両方で計算して、日数が少ない方を慰謝料とします。

例を挙げてみましょう。被害者が治療のため46日間の入院をしたとします。

その中、通院期間は95日(実際には45日)です。この場合は、46+95で、141日ということになります。

これに対して、入院期間の46日+実際に通院した45日×2=182日。

つまり、入通院慰謝料として採用されるのは141日の方です。4200円×141日は、 592,000円。592,000円が入通院慰謝料ということになります。

後遺障害慰謝料の計算

後遺障害慰謝料は、等級によって値段が変わってきます。自賠責基準の場合で言うと、

  • 第1級が1100万円
  • 第2級が958万円
  • 第3級が829万円
  • 第4級が712万円
  • 第5級が599万円
  • 第6級が498万円
  • 第7級が409万円
  • 第8級が324万円
  • 第9級が245万円
  • 第10級が187万円
  • 第11級が135万円
  • 第12級が93万円
  • 第13級が57万円
  • 第14級が32万円

1級と14級ではこんなにも値段の差があるのです。

死亡慰謝料の計算方法

死亡慰謝料は、家族のどのポジションの人間が死亡したかによって値段が変わってきます。例えば、弁護士基準に基づいた死亡慰謝料の場合は、

  • 一家の大黒柱の場合は2800万円から3600万円
  • 配偶者は2000万円から3200万円
  • 子供の場合は1800万円から2600万円
  • 高齢者の場合は1800万円から2400万円

一家の大黒柱が死亡してしまった場合は、残された家族は生活に困ってしまいますから、一番大きな慰謝料がもらえることになります。