MENU

CLOSE

交通事故の弁護士報酬は値切れる?交渉前に押さえるべきこととは

交通事故の弁護士報酬は値切れる?交渉前に押さえるべきこととは

83views

カテゴリ:未分類

値切り交渉は危険なことが多い

交通事故にあった際は弁護士を雇えば心強い味方となります。法律に詳しい専門家に任せれば大幅な慰謝料や示談金のアップが見込めるため、まず弁護士を頼る人は多いのです。示談金には弁護士相場と保険会社の相場があり、弁護士相場の方が圧倒的に高くなっています。

弁護士を挟まなければ法律上の知識のなさに振り回されてしまい、加害者から慰謝料をとり損ねてしまう場合もあるのです。保険会社としては出費が少ない方がよいため、可能な限り支払いが少なくなるように工夫してくるため注意が必要です。知識がなければ要求が正当なものか不当なものかの判断ができなくなります。

保険会社の言い分を精査するためにも弁護士を雇った方がよいのです。しかし、弁護士を雇う場合に気になるのが報酬です。弁護士の報酬は高額になるイメージを持つ人は多く、経済的に困っている場合はどうしても依頼をためらいがちになります。

実際に弁護士への報酬は非常に大きな金額になることが多いため、何とか値切れないか考えてしまうものです。しかし、弁護士報酬を値切るのはリスクを伴います。弁護士報酬が高くなりやすいのは、元になる交通事故の慰謝料や示談金が高額なためです。

弁護士報酬は示談金や慰謝料の一部という形になるため、割合で考えた場合は決して高くないのです。弁護士は知識や経験を生かした専門職であることから、値切り交渉をすれば相手の腕や能力も安く買おうとしていると認識される可能性もあります。

報酬が減ればそれだけモチベーションも低下し、実務上のマイナスになってしまう場合もあるのです。解決後に少しでも報酬を減らそうと交渉するのもNGです。契約上の同意を一方的な理由で変更しようとすれば、大きなトラブルになる可能性もあります。

スムーズに手続きを進めるためにも、弁護士との信頼関係を築くことは非常に重要になります。値切り交渉を行うよりも、より高額の示談金を取れるように協力関係を構築することが大切なのです。後払いに対応している弁護士事務所も増えているため、手持ちのお金がない場合もまず相談してみるのがおすすめです。

弁護士報酬を安くするためのコツは

トラブルを避けつつ弁護士報酬を安くするコツも存在します。これは弁護士事務所間の料金の違いを比較することです。最もわかりやすいのが着手金の存在です。着手金とは弁護の依頼を引き受けた際に発生する料金で、おおよそ20万円が相場となっています。

これに加えて示談が成立した場合は、10パーセント程度の弁護士報酬が支払われる形になります。事務手数料などが別途かかることがあるものの、これが弁護士費用の相場になっているのです。

一方で、着手金を設定していない弁護士事務所も存在します。着手金を設定しない代わりに弁護士報酬の割合を高めに設定していて、20パーセント程度の報酬が発生する場合があります。示談金や慰謝料の金額が上がれば上がるほど弁護士報酬が増える形になりますが、怪我が軽い場合や高額の慰謝料が見込めない場合は着手金の負担がない分お得になる可能性があります。

状況や怪我の程度によって依頼する弁護士事務所を変えることで、費用負担を軽減することができるのです。どの程度の違いが出るかわからない場合は、大まかな怪我の程度や事故状況などを話し、見積もりをとる方法もあります。

ただし、示談は交渉によって成立するもののため、見積もりは当てにならないことが多くなります。弁護士の腕次第で大幅に金額が変わる場合もありえます。安さではなく腕前や実績で選ぶのも方法で、有名弁護士に依頼する場合はそれだけ費用がかかるケースが増えます。

大手弁護士事務所が逆に報酬が安いことがあるのは、弁護業務以外の事務をアウトソーシングするなどコストカットの工夫を行っていることが多いためです。

弁護士の報酬は主に人件費で構成されているため、弁護士以外の人間がこなせる作業は分業で対応した方が費用を安くできるのです。小規模な事務所では人を雇うこと自体が難しいケースが多く、採算性やサービスの質を分ける違いにもなっています。

お金以外にメリットは存在するのか

交通事故にあった際に弁護士を雇うことは、金銭面以外にもプラスになります。特に大きいのが事務負担や交渉の精神的負担の軽減です。示談交渉はある程度怪我が回復してからになるのが一般的で、退院後に具体的な金額の交渉を行うこともあります。

ただし、加害者が社会的地位が高い人物であるなど、早期に交渉を終わらせたい事情がある場合は話が変わってきます。入院中に交渉を始められれば精神的な負担が増し、療養に専念できなくなる恐れがあるのです。また、退院後の交渉であっても、日常に戻る最中に精神的な負担が増すのはかなりのストレスになります。

ストレスや面倒を避けるために条件面で妥協する人も珍しくなく、保険会社の示談金相場が低下する理由の一つになっているのです。弁護士がいれば、交渉は弁護士経由のみにするなど様々な工夫が必要になります。交渉の日程の調整などは保険会社と弁護士との協議になるため、わずらわしさやプレッシャーからも解放されるのです。

じっくりと交渉を行う精神的な余裕も作りやすくなるため、より高額の示談金の請求や慰謝料も狙えるようになります。事前に相場を知ることができるのもポイントです。示談金は最低でもどの程度というラインがわかれば、生活再建の計画が立てやすくなります。

満額の示談金を勝ち取れるかどうかはケースによって変わるものの、最低限の目安があれば無理に働かなくともすむ可能性が出てきます。事故後のリハビリや療養期間がその後の人生に与える影響は多く、場合によっては障害の程度が変わる場合もあるのです。

あせって交渉を行うと障害分の慰謝料請求が出来なくなる場合があるのもポイントです。ある程度時間をかけて交渉をすることは非常に重要なのです。

交通事故には時効が存在する

交通事故には時効が存在し、示談交渉や賠償の請求にも期限が生じます。弁護士を挟まずに交渉を行い、期間が長引くと気づかないうちに時効になってしまう可能性があるのです。時効は事故発生時か、後遺症が残ることが確定してから3年が目安になります。

悪質な保険担当者にあたった場合や、加害者側が弁護士を雇った場合は時効による請求権の消失を狙ってくる可能性があります。相手が交渉を先延ばしにする姿勢を鮮明にしている場合は早めに弁護士に相談した方がよいのです。

時効前に交渉を終わらせるだけでなく、裁判所で手続きを行うことで時効を先送りにできるのもポイントです。交渉を継続しているという申告を出せば時効を回避できるからです。弁護士を雇っておけば手続きが簡単になるだけでなく、漏れを防ぐこともできます。

金銭面の観点からではなく、何らかの理由で交渉が長引きそうな場合は弁護士を雇った方がよいのです。手続きや交渉を先送りにしていた場合も同様です。感情的になってしまうからと没交渉になっていても、請求権が消失する前であれば再度交渉が可能になります。

不安なことがある場合は先に相談してみるのも方法です。加害者に譲歩を促すためにあえて時間をかけている場合も注意が必要です。意外と見落としがちなのが、相手の収入の変化です。慰謝料や示談金の請求は相手の収入に影響される面もあります。

失職してしまった場合や定年退職を迎えた場合などは、それだけ高額請求が難しくなるのです。どのタイミングで交渉を行うかはケースバイケースではあるものの、一つの視点だけで物事を見てしまうと別なリスクを抱える可能性も出てしまいます。冷静な視点を確保する面でも、弁護士を味方につけるのは賢い方法なのです。