MENU

CLOSE

費用倒れになる事はある?交通事故で弁護士を雇う際のポイントは

費用倒れになる事はある?交通事故で弁護士を雇う際のポイントは

59views

カテゴリ:未分類

交通事故後にトラブルになりやすいポイントとは

交通事故にあった際に心強い見方になってくれるのが弁護士です。保険会社はある程度の保障を行ってくれるものの、可能な限りお金を払わないように工夫するケースが多いのがポイントです。あくまで示談まで穏当に行き着けばよく、事故後の生活の保障までは十分に考えられていないことが多いのです。

実際に示談が成立してから示談金の額や障害の認定をめぐってトラブルになることもあります。注意したいのは示談が成立した後に後遺症が残ることがわかっても、容易に条件を覆せないことです。示談が成立するということは、交通事故の手続きに決着がついたという解釈になるのです。

示談は最終的な保障の金額や条件を決定するものであり、安易に同意をすると取り返しがつかなくなるのです。知らなかったでは済まされないため、泣き寝入りする人もいるのが現実です。交通事故で被害にあった上に示談で不利な条件を飲まないためにも、法律の専門家に相談した方がよいのです。

弁護士を雇えば弁護士経由で交渉を行うなど、交渉ルートを限定することで保険会社の行動に制限をつけることができます。弁護士を雇うことで相手の譲歩を引き出しやすくなるという側面もあります。法的な知識がない人間相手であれば、交渉を長引かせれば保険会社が粘りがちできる可能性が高まります。

特に事故後は収入が不安定になることが多いため、保険会社の方が有利に立ちやすいからです。しかし、弁護士を雇われると、意図的な時間稼ぎなどを行っても見破られる可能性が高く、逆に請求額を積み増しされる原因になります。

悪質な行為を防ぐという意味でも弁護士を雇う意味は大きいのです。余分な手間や時間の削減にも役立つため、スピード解決を目指す場合も相談した方がよいのです。

費用倒れになることはほとんどない

弁護士を雇う場合は費用が気になる人が多く、費用倒れにならないか心配になりがちです。示談金が少なければ弁護士費用をまかなえず、赤字になってしまうのではと考えてしまうからです。結論から言えば、弁護士を雇って費用倒れになることはほとんどないのです。

費用倒れになるということは、弁護士は最低限の報酬しか得られないということです。交通事故に対応するには、事務処理や交渉など膨大な仕事をこなす必要があります。弁護士も収入を得て食べていかなければならない関係上、割に合わない仕事は断った方が良くなります。

費用倒れの可能性がある場合は、相談時点で費用倒れになる可能性を指摘されることが大半です。費用倒れになる原因として考えられるのは、交通事故でもかすり傷程度の怪我である場合や、物損などの被害を受けていない場合です。

ただし、事故に巻き込まれることによって重要な取引に遅れた場合や、旅行に出かけられなくなったなどの事情がある場合は損害賠償を請求できる形になります。示談金には精神的な苦痛を伴ったことに対する慰謝料が含まれることが一般的で、被害が大きいほど金額も高くなるのです。

弁護士報酬は示談金などの一部を要求されることが一般的で、契約の形式などによって異なるものの1割から2割程度といわれています。別途着手金や事務手数料がかかるケースがありますが、割合で考えた場合はごく一部になるのです。怪我が重ければ示談金は1000万円を越えることもあります。

保険会社に任せてしまうと半額以下になってしまうケースも存在するため、差し引きで考えても得になることが多いのです。

交通事故の相談は無料の弁護士事務所も増えているため、怪我の程度などを話して採算が取れるか聞いてしまうのも方法です。事故時の状況によって違いが出ることはあるものの、最低限のラインも含めて示談金の目安を教えてくれることも珍しくないのです。